大分

別府で地獄めぐり旅

別府で地獄めぐり旅

言わずと知れた大分県の別府。別府観光の定番といえば言えば「地獄めぐり」。別府市内には多くの地獄が存在していますが、その中でも地獄めぐりで有名な地獄組合に加入しているのは海地獄、鬼石坊主地獄、かまど地獄、鬼山地獄、白池地獄、血の池地獄、龍巻地獄の7つ。また海地獄、血の池地獄、白池地獄、龍巻地獄は、2009年、別府の地獄として国の名勝に指定されています。今回はこの国の名勝に指定されている4つをご紹介します。





詳細


海地獄

別府で地獄めぐり旅

コバルトブルーの色をしている海地獄は地獄という言葉がふさわしくないほど美しい姿を見ることができます。池の青色は、温泉中の成分である硫酸鉄が溶解しているためだそう。泉脈までの深さは200mで温度は98度。また海地獄内には地獄の源泉100%掛け流しの足湯も。お土産として人気なのが海地獄の温泉水を瞬時に粉末化し、香料などを加えた薬用入浴剤「えんまんの湯」。 【一か所入場料金】:大人(高校生以上) 400円 小人(小・中学生) 200円


血の池地獄

別府で地獄めぐり旅

血の池地獄は日本で一番古い天然の地獄。酸化鉄、酸化マグネシウム等を含んだ赤い熱泥が地層から噴出、堆積するため池一面が赤く染まります。血の池地獄に隣接するお食事処「極楽亭」では大分名物のだんご汁や鳥天、極楽亭オリジナルの料理もいただけます。血の池地獄園内のみの限定販売の「血ノ池軟膏」は人気商品。しもやけあかぎれに効果的だそうです。


白池地獄

別府で地獄めぐり旅

含ホウ酸食塩泉で、噴出するときは透明だが、外気に触れ温度が下がると白濁する白池地獄。場内の熱帯魚館では、大きくなれば4mにもなる巨大魚(アマゾンの大王魚)「ピラルク」や「ピラニア」、「アロワナ」など、約 16 種類 の熱帯魚を飼育展示しています。

龍巻地獄

別府で地獄めぐり旅

国の名勝に指定されているほか別府市の天然記念物にも指定されている龍巻地獄。豪快に噴き出した熱水は、屋根で止められているが約30mほど噴き出す力があるそうです。4月中旬から連休にかけて、園内斜面に色あざやかなつつじの花が広がり美しい姿を見ることができます。